ファーウェイ、広角/超広角/望遠レンズ搭載「Huawei Mate 20 Pro」のスペック比較や特徴をレビュー - MobileGadget



トップページ 特集・記事 任天堂 アップル ソニー 富士通 京セラ シャープ サムスン
NEWS・速報 Switchソフト HUAWEI ASUS LG HTC モトローラ Goggle

201812021440145a8.jpg 20181202144016f20.jpg 20181202144017dc1.jpg xx-G-Twitter.jpg
MobileGadgetのトップページ  » HUAWEI  » ファーウェイ、広角/超広角/望遠レンズ搭載「Huawei Mate 20 Pro」のスペック比較や特徴をレビュー

ファーウェイ、広角/超広角/望遠レンズ搭載「Huawei Mate 20 Pro」のスペック比較や特徴をレビュー

455_Huawei Mate 20 Pro_logo

ファーウェイが販売する「Huawei Mate 20 Pro」はAndroid 9.0 (Pie)、Kirin 980プロセッサ搭載、6.39イン(QHD+) AMOLEDディスプレイ搭載、また本体背面に広角/超広角/望遠レンズを備えたトリプルカメラを搭載、更にQi規格のワイヤレス充電やディスプレイ埋め込み型の指紋認証センサーを搭載したSimロックフリースマートフォンです。


                    


ファーウェイは、同社が販売するSimロックフリースマートフォン「Mate」シリーズの新製品「Huawei Mate 20 Pro」を2018年11月30日から日本国内向けに正規販売を開始。なお、想定販売価格は11万1880円(税別)となっています。






【「Huawei Mate 20 Pro」の概要】



新しい「Huawei Mate 20 Pro」は、同シリーズ初のトリプルカメラを搭載しています。また、高性能な「Kirin 980 Octa-core」プロセッサーの搭載やワイヤレス充電および埋込型指紋センサーなど、最新技術をフル実装しています。



『Huawei Mate 20 Pro』の基本スペックは、Android 9.0 (Pie)、Kirin 980プロセッサ搭載、6.39インチ(有機EL)AMOLEDディスプレイ搭載、背面には同シリーズとしては初のトリプルカメラ(4000万画素+2000万画素+800万画素)を搭載しています。カラーバリエーションは3色展開で「ミッドナイトブルー」「トワイライト」「ブラック」となっています。詳細なスペックや特徴、製品概要は下記にまとめた通りです。





【「Huawei Mate 20 Pro」のスペック】



OS: Android 9.0 (Pie)
CPU:Kirin 980 Octa-core
RAM:6GB
ROM:128GB
ディスプレイ: 6.39インチ AMOLED
解像度:1440×3120 QHD+(アスペクト比19.5:9)
カメラ(背面):4000万画素+2000万画素+800万画素トリプルカメラ
カメラ(前面):2400万画素
通信:FDD-LTE / TDD-LTE / W-CDMA / GSM
Wi-Fi:IEEE802.11 a/b/g/n/ac
Bluetooth:Ver 5.0
外部端子:NM Card(Max 256GB)、USB 3.1 Type-C 1.0
バッテリ:4200mAh
サイズ:157.8×72.3×8.6mm
重量:189g
その他:VoLTE、DSDV、Simロックフリー、防水防塵(IP68)




【「Huawei Mate 20 Pro」の筐体】



■カラーバリエーション
・ミッドナイトブルー
・トワイライト
・ブラック(ソフトバンク版限定色)

456_Huawei Mate 20 Pro_imagesA

459_Huawei Mate 20 Pro_images000




【「Huawei Mate 20 Pro」の特徴】



■Kirin 980プロセッサ搭載



プロセッサは、Kirin 980(2.6GHz×2+1.92GHz×2+1.8 GHz×4) Octa-coreを搭載。RAMは6GB、ROM128GBを搭載してています。更に最大256GBの外部ストレージ(NM Card)にも対応しています。

003_Kirin core_logo_A



■6.39インチディスプレイ搭載



ディスプレイは、6.39インチ有機ELディスプレイを搭載。解像度は1440×3120(QHD+)の縦長パネルを搭載しており、アスペクト比は19.5:9となっています。

457_Huawei Mate 20 Pro_imagesB



■トリプルカメラ搭載



「Huawei Mate 20 Pro」は本体背面に同シリーズとしては初めてのトリプルカメラを搭載しています。トリプルレンズは全てカラーレンズとなっており、それぞれの画素数は、4000万画素(F値 1.8)広角+2000万画素(F値 2.2)超広角+800万画素(F値 2.4)望遠となっています。また、動画撮影は2160p@30fps、1080p@60fps、1080p@30fps (gyro-EIS)、720p@960fpsに対応しています。なお、前面カメラは2400万画素(F値 2.0)広角カメラで動画は1080p@30fpsに対応します。

458_Huawei Mate 20 Pro_imagesC



■生体認証センサ搭載



セキュリティ機能はディスプレイ埋め込み型の指紋認証センサーを搭載しています。また、インカメでの顔認証機能も搭載しています。



■Qi対応バッテリ搭載



バッテリは4200mAhの大容量のバッテリを搭載しています。更にQi規格のワイヤレス充電に対応しており、しかも「Huawei Mate 20 Pro」自体が無線充電パッドと同等の機能を搭載しており、Qi規格のワイヤレス充電に対応したアクセサリー類のデバイスや他社のQi対応スマートフォンを充電することさえも可能です。



■対応周波数(バンド)



対応するバンドは、FDD LTEがB1/2/3/4/5/7/8/9/12/17/18/19/20/26/28/32、TDD LTEがB34/38/39/40/41(2545-2655MHz)、CA対応(後日ソフトウェアアップデートにてauVoLTEにも応予定)、WCDMAがB1/2/4/5/6/8/19、GSMが850/900/1800/1900MHzに対応する。また、SIMカードスロットはnanoSIMスロット×2基搭載で、DSDV(Dual SIM Dual VoLTE)にも対応しています。





【「Huawei Mate 20 Pro」の比較や評価】



■前機種との比較「OS」



前機種に比べて新しいバージョンのOSがプリインストールされています。

▶新機種の「Huawei Mate 20 Pro」は、Android 9.0を搭載

▶前機種の「Huawei Mate 10 Pro」は、Android 8.0を搭載

「Android 9」は、使用頻度の低いアプリをスマートフォンが自動的に制限することで、電池が長持ちする「自動調整バッテリー」機能が追加されています。また、画面に表示されるボタンをタップすることで、ワンタッチで横画面に固定することが可能な「ワンタッチ固定」機能も搭載されています。



■前機種との比較「CPU」



前機種に比べて新しいプロセッサーが搭載されています。

▶新機種の「Huawei Mate 20 Pro」は、Kirin 980を搭載

▶前機種の「Huawei Mate 10 Pro」は、Kirin 970を搭載

新旧両端末ともにKirinプロセッサが搭載されており、前機種のKirin 970から新たにKirin 980搭載にパワーアップしています。



■前機種との比較「RAM」



搭載されているRAMの容量は前機種から変更されていません。

▶新機種「Huawei Mate 20 Pro」のRAM容量は「6GB」を搭載

▶前機種「Huawei Mate 10 Pro」のRAM容量は「6GB」を搭載

RAMの容量は動作に影響を与えます。容量が多いほどアプリケーションの動作が快適になります。



■前機種との比較「ストレージ」



搭載されているROMの容量は前機種から変更されていません。

▶新機種「Huawei Mate 20 Pro」のROM(内蔵ストレージ)の容量は「128GB」を搭載

▶前機種「Huawei Mate 10 Pro」のROM(内蔵ストレージ)の容量は「128GB」を搭載

なお「Huawei Mate 20 Pro」は、外部ストレージ(NM Cardスロット)最大256GBに対応しています。



■前機種との比較「ディスプレイ」



前機種に比べて画面サイズと解像度が変更されています。

▶新機種「Huawei Mate 20 Pro」は、6.39インチ画面(3120x1440ドット)を搭載

▶前機種「Huawei Mate 10 Pro」は、6.0インチ画面(2160x1080ドット)を搭載

「Huawei Mate 20 Pro」は、前機種と比べて画面サイズが6.39インチに大型化しておりアスペクト比も19.5:9に縦長化しています。



■前機種との比較「カメラ」



前機種に比べてインカメおよびアウトカメラが変更されています。

▶新機種「Huawei Mate 20 Pro」のメインカメラは4000万画素+2000万画素+800万画素トリプルカメラを搭載

▶前機種「Huawei Mate 10 Pro」のメインカメラは1200万画素+2000万画素デュアルカメラを搭載

「Huawei Mate 20 Pro」の本体背面に配置されているカメラは超広角レンズを追加したトリプルカメラに進化しています。また、前面に配置されたインカメラは従来の800万画素から2400万画素へ高画素化しています。



■「Huawei Mate 20 Pro」評価



新しい「Huawei Mate 20 Pro」は、前機種に比べてCPU、ディスプレイ、カメラ機能などの性能がパワーアップしています。CPUは、最新の7nmのHUAWEI Kirin 980プロセッサー搭載、また、AI専用プロセッサーであるNPUを2つ搭載したことに伴い、情報処理能力が大幅に向上しています。

画面サイズは6.0から6.39インチに大型化、アスペクト比は18.5:9に縦長化し、2K+(3120x1440ドット)の高精細OLEDディスプレイを搭載しています。また、従来は本体背面に配置されていた指紋センサーをディスプレイ埋込型センサー「インスクリーン指紋認証」に変更されています。カメラ機能は、メインカメラに超広角レンズを追加したLeicaトリプルカメラに進化。前面に配置されたカメラは高画素化され2400万画素となっていす。

その他、新たに開発された「NM(Nano Memory) Cardスロット」を搭載しており最大256GBの外部ストレージを拡張することが可能となっています。また、DSDV(Dual SIM Dual VoLTE)がサポートされており、デュアルSIMスタンバイ可能なnanoSIMスロットが2つ搭載されています。

約1年ぶりのフルモデルチェンジとは言え、コスト的な面も含めて現状可能な範囲で大幅なパワーアップが施されています。なお、小売の直販モデルとMVNO版はSimロックフリーでDSDV対応となっていますが、キャリア版(ソフトバンク用)は何故かシングルスロットSimで、しかもSimロックが掛かっているようなので購入検討されている方は気を付けましょう!





※詳細はHuaweiの公式サイトにてご確認下さい。

Source Huawei

関連記事
                    

  Sponsored Link




Sponsored Link
MobileGadget 公式サイトへようこそ!
201705090016582ba.jpg スマートフォンやタブレット、ウェアラブル端末やポータブルゲーム機などモバイルガジェットに関するニュースや情報をお届けします。
サイト内検索
カテゴリ
Sponsored Link
注目記事
Sponsored Link
ピックアップ記事
最新記事を配信
最新記事
UQ mobile「DIGNO A」の不具合などを改善するアップデートの最新情報(随時更新) Jan 18, 2019
ソフトバンク、ダブルノッチデザイン採用「AQUOS R2 compact」が登場、スペックや特徴をレビュー Jan 18, 2019
洞窟探検アクション「Caveblazers」のSwitch版が登場、価格と発売日や概要をまとめて紹介! Jan 17, 2019
名作格闘ゲーム「アケアカNEOGEO NINJA MASTER'S ~覇王忍法帖~」のSwitch版が登場、価格と発売日や概要をまとめて紹介! Jan 17, 2019
AU「LG it LGV36」の不具合などを改善するアップデートの最新情報(随時更新) Jan 17, 2019
AU「Qua phone QZ KYV44」の不具合などを改善するアップデートの最新情報(随時更新) Jan 17, 2019
UQ mobile「AQUOS L2」の不具合などを改善するアップデートの最新情報(随時更新) Jan 17, 2019
ソフトバンク「AQUOS R(604SH)」の不具合などを改善するアップデートの最新情報(随時更新) Jan 17, 2019
ドコモ「AQUOS ZETA SH-04H」の不具合などを改善するアップデートの最新情報(随時更新) Jan 16, 2019
ドコモ「AQUOS R2 SH-03K」の不具合などを改善するアップデートの最新情報(随時更新) Jan 16, 2019
月別アーカイブ
サイト内検索
サイト内リンク(カテゴリ別)
随時更新【速報・特集】一覧記事
Sponsored Link
QRコード
QR