ファーウェイ、スタンダードモデル「Huawei Mate 20 Lite」のスペック比較や特徴をレビュー - MobileGadget



トップページ 特集・記事 アップル ソニー 富士通 京セラ シャープ サムスン ZTE
NEWS・速報 HUAWEI ASUS LG HTC モトローラ Goggle レノボ
MobileGadgetのトップページ  » HUAWEI  » ファーウェイ、スタンダードモデル「Huawei Mate 20 Lite」のスペック比較や特徴をレビュー

ファーウェイ、スタンダードモデル「Huawei Mate 20 Lite」のスペック比較や特徴をレビュー

428_Huawei Mate 20 Lite_logo

ファーウェイが製造/販売する「Huawei Mate 20 Lite」は、Android 8.1、Kirin 710プロセッサ搭載、6.3インチノッチ(切り欠け)ディスプレイ搭載、クアッドカメラ(前後にデュアルカメラ)を搭載したスタンダードモデルのSimロックフリースマートフォンです。



                    


『Huawei Mate 20 Lite』は、ファーウェイの「Mate」シリーズのSimロックフリースマートフォンとして、2018年11月30日発売を開始。なお、市場想定価格は、39,800円(税別)でビックカメラ限定販売となっています。






【「Huawei Mate 20 Lite」の概要】



新しく登場した「Huawei Mate 20 Lite」は、同年9月よりグローバル展開されており、今回新たに量販店(ビックカメラ限定)で国内正規取扱いの開始となります。当製品は、前機種と比べて画面サイズが5.9インチから6.3インチに大型化されています。更に、前回「Mate 10 lite」では見送られたノッチ(切り欠け)ディスプレイが新型の「Mate 20 Lite」では採用されています。その他プロセッサはKirin 659からKirin 710に変更され順当に進化を遂げています。



「Huawei Mate 20 Lite」の基本スペックは、Android 8.1、Kirin 710 プロセッサ、6.3インチIPS縦長ディスプレイ搭載、クアッドカメラ(背面は2000万画素+200万画素デュアルカメラ、前面には2400万画素+200万画素のAI対応のデュアルカメラ)が搭載されています。カラーバリエーションは「ブラック」「サファイアブルー」の2色展開となっています。詳細なスペックや特徴、製品概要は下記にまとめた通りです。





【「Huawei Mate 20 Lite」のスペック】



OS: Android 8.1 Oreo
CPU:Kirin 710 Octa-core
RAM:4GB
ROM:64GB
ディスプレイ:6.3インチIPS液晶
解像度:2340×1080 FHD+(アスペクト比19.5:9)
カメラ(背面):2000万画素+200万画素デュアルカメラ
カメラ(前面):2400万画素+200万画素デュアルカメラ
通信:FDD-LTE / TDD-LTE / W-CDMA / GSM
Wi-Fi:IEEE802.11 a/b/g/n/ac
Bluetooth:Ver 4.2
外部端子:microSDXC(Max 256GB)、USB Type-C、3.5mmオーディオジャック
バッテリ:3750mAh
サイズ/重量:158.3×75.3×7.6mm 、約172g
その他:VoLTE、DSDS、Simロックフリー



【「Huawei Mate 20 Lite」の筐体】



■カラーバリエーション
・サファイアブルー
・ブラック

740_Huawei Mate 20 Lite_imagesA

429_Huawei Mate 20 Lite_imeA

430_Huawei Mate 20 Lite_imeB




【「Huawei Mate 20 Lite」の特徴】



■Kirin710 プロセッサ搭載



プロセッサは、Kirin 710(Cortex-A73 2.2GHz×4+Cortex-A53 1.7GHz×4)Octa-coreを搭載。RAMは4GB、ROM64GBを搭載している。外部ストレージは最大256GBのmicroSDXCカードに対応。

436_Huawei Mate 20 Lite_ime001



■6.3インチ液晶搭載



ディスプレイは、6.3インチIPS液晶画面を搭載、解像度は2340×1080(FHD+)の縦長パネルでアスペクト比は19.5:9を採用。

738_Huawei Mate 20 Lite_imagesB



■大容量バッテリ搭載



3750mAhの大容量のバッテリを搭載。 9V/2A急速充電に対応しています。

739_Huawei Mate 20 Lite_imagesC



■クアッドカメラ搭載



インカメおよびアウトカメラともにデュアルレンズカメラを搭載。背面には2000万画素+200万画素デュアルカメラを搭載。前面には2400万画素+200万画素デュアルカメラを搭載。動画撮影は前後どちらのカメラも1080p@30fpsに対応。

439_Huawei Mate 20 Lite_ime004



■対応周波数(バンド)



対応バンドはFDD-LTEがB1/3/5/7/8/18/19/28、TDD LTEがB38/40/41、WCDMAがB1/5/6/8/19、GSMが850/900/1800/1900MHzまた、SIMカードスロットはnanoサイズ×2で、DSDS(Dual SIM Dual Stand-By)もサポートされています。






【「Huawei Mate 20 Lite」の比較や評価】



■前機種との比較「OS」



前機種に比べて新しいバージョンのOSがプリインストールされています。

▶新機種の「Huawei Mate 20 Lite」は、Android 8.1を搭載

▶前機種の「Huawei Mate 10 Lite」は、Android 7.0を搭載



■前機種との比較「CPU」



前機種に比べて新しいプロセッサーが搭載されています。

▶新機種の「Huawei Mate 20 Lite」は、Kirin 710を搭載

▶前機種の「Huawei Mate 10 Lite」は、Kirin 659を搭載

新旧両端末ともにKirinプロセッサが搭載されており、前機種のKirin 659から新たにKirin 710搭載にパワーアップしています。



■前機種との比較「RAM」



搭載されているRAMの容量は前機種から変更されていません。

▶新機種「Huawei Mate 20 Lite」のRAM容量は「4GB」を搭載

▶前機種「Huawei Mate 10 Lite」のRAM容量は「4GB」を搭載

RAMの容量は動作に影響を与えます。容量が多いほどアプリケーションの動作が快適になります。



■前機種との比較「ストレージ」



搭載されているROMの容量は前機種から変更されていません。

▶新機種「Huawei Mate 20 Lite」のROM(内蔵ストレージ)の容量は「64GB」を搭載

▶前機種「Huawei Mate 10 Lite」のROM(内蔵ストレージ)の容量は「64GB」を搭載

上記内蔵ストレージの他に、最大256GBの外部ストレージ(microSDXCカード)にも対応しています。



■前機種との比較「ディスプレイ」



前機種に比べて画面サイズと解像度が変更されています。

▶新機種「Huawei Mate 20 Lite」は、6.3インチ画面(2340x1080ドット)を搭載

▶前機種「Huawei Mate 10 Lite」は、5.9インチ画面(2160x1080ドット)を搭載

「Huawei Mate 20 Lite」は、前機種と比べて画面サイズが6.3インチに大型化しておりアスペクト比も19.5:9に縦長化を果たしています。



■前機種との比較「カメラ」



前機種に比べてインカメおよびアウトカメラが変更されています。

▶新機種「Huawei Mate 20 Lite」のメインカメラは2000万画素+200万画素デュアルカメラを搭載

▶前機種「Huawei Mate 10 Lite」のメインカメラは1600万画素+200万画素デュアルカメラを搭載

「Huawei Mate 20 Lite」は、1600万画素から2400万画素に高画素化しています。また本体全前面に配置されたインカメラも1300万画素+200万画素デュアルカメラから2400万画素+200万画素デュアルカメラに進化しています。



■「Huawei Mate 20 Lite」評価



新しい「Huawei Mate 20 Lite」は、前機種に比べてCPU、ディスプレイ、カメラ機能などの性能がパワーアップしています。CPUは、最新のKirin 710プロセッサー搭載になり情報処理能力が向上しています。

画面サイズは5.9から6.3インチに大型化、アスペクト比は18.5:9(2340x1080ドット)に縦長化しています。カメラ機能は、同シリーズに搭載されたクアッドカメラ(本体前後にデュアルカメラ設置)を継承しつつ、高画素化されています。

その他、従来のDSDSからDSDVサポートになり、Dual SIM Dual VoLTEに対応したnanoSIMスロットが2つ搭載されています。なお、最大256GBのmicroSDXCカードに対応した外部ストレージの搭載に変更はありません。

新しく登場した「Huawei Mate 20 Lite」は、同年8月からグローバル展開されており、今回ようやく国内市場に投入となりますが、当製品の取り扱い販売に関してはビックカメラグループにて限定販売であることがアナウンスされています。なお、ビックカメラ楽天市場店のようなインタネットショッピングサイトでも購入することも可能です。





※詳細はHuaweiの公式サイトにてご確認下さい。

Source Huawei

関連記事
                    

  Sponsored Link




  楽天市場(PC売上ランキング)

インフォメーション

Sponsored Link
MobileGadget 公式サイトへようこそ!
201705090016582ba.jpg スマートフォンやタブレットPC、ウェアラブル端末などモバイルガジェットに関するアップデート速報や製品レビュー情報をお届けします。
サイト内検索
随時更新【速報・特集】一覧記事
201812021440145a8.jpg

x-sall2sma_201903211543565ac.jpg
カテゴリ
Sponsored Link
注目記事
Sponsored Link
ピックアップ記事
最新記事を配信
最新記事
UQ mobile「AQUOS sense3 basic」の不具合などを改善するアップデートの最新情報(随時更新) May 12, 2021
AU「AQUOS sense3 basic SHV48」の不具合などを改善するアップデートの最新情報(随時更新) May 12, 2021
ドコモ「Galaxy Note10+ SC-01M」の不具合などを改善するアップデートの最新情報(随時更新) May 11, 2021
ドコモ「Galaxy Note20 Ultra 5G SC-53A」の不具合などを改善するアップデートの最新情報(随時更新) May 11, 2021
AU「Galaxy Note20 Ultra 5G SCG06」の不具合などを改善するアップデートの最新情報(随時更新) May 11, 2021
AU「かんたんケータイ KYF38」の不具合などを改善するアップデートの最新情報(随時更新) May 11, 2021
ドコモ「Xperia 10 II SO-41A」の不具合などを改善するアップデートの最新情報(随時更新) May 10, 2021
ソフトバンク「AQUOS sense5G」の不具合などを改善するアップデートの最新情報(随時更新) May 10, 2021
AU「AQUOS R5G SHG01」の不具合などを改善するアップデートの最新情報(随時更新) May 10, 2021
AU「Galaxy Fold SCV44」の不具合などを改善するアップデートの最新情報(随時更新) May 10, 2021
楽天市場(白ロムベスト5)
年別アーカイブ一覧
サイト内検索
サイト内リンク(カテゴリ別)
随時更新【速報・特集】一覧記事
QRコード
QR