iPhone 8は5.8インチのフルフロントディスプレイで最小限の4mmベゼル搭載か?新たなレタリングを公開

034_iPhone8_new

iPhone 8は5.8インチのフルフロントディスプレイで最小限の4mmベゼルを搭載が濃厚?レンダリングは新たな「iPhone 8」のデザインを示しています。

Foxconnから流出したiPhone 8の図面が流出してから数日が経ちますが、Weibo leaker KKは、以前のリークよりもサイズが若干小さいデバイスを示す異なる寸法の図面とレンダリングを公開しています。新しい図面の真実性は確認できませんが、KKは以前の機器に関する正確な情報を過去もいくつか公開しています。

033_iPhone8_new

この新しいiPhone 8のリークは、身長137.54mm、幅67.54mmとなっており、iPhone 7の138.3mm x 67.1mm本体とほぼ同じデバイスを示しています。なお、厚さについては今回の図面(下記画像)には表示されていません。

この図によると、iPhone 8のディスプレイは対角線上に5.768インチの大きさで、実際にはデバイスのほぼ全面をカバーします。ディスプレイの4辺の周りにはわずか4mmのベゼルしかなく、その半分以上は端に2.5Dの湾曲したガラスであり、残りはデバイスの辺の枠であるように見えます。

図は、イヤホンの両側にあるさまざまなカメラ、センサー、およびその他のコンポーネントを備えた、デバイスの前面の上部にある狭いイヤホンを示しています。 これらのコンポーネントには、正面カメラ、小型マイク穴、環境光センサー、近接センサー、および噂の3Dセンサーが含まれている可能性があります。

034_iPhone8_new

ディスプレイが装置の前面全体を満たしているため、専用のホームボタンがないため、目に見えるタッチIDセンサーはありません。AppleはiPhoneのディスプレイにTouch IDを構築しようとしていると噂されているが、同社は技術の完成に苦労しているため、センサーをデバイスの背面に置くことに頼る可能性があります。

特に、iPhone 8の背面のレンダリングでは、2台のカメラの間にLEDフラッシュが配置された垂直型デュアルカメラが搭載されます。 Ben Bajarinが指摘しているように、2つのレンズの分離が増えると、拡大現実感と3Dフィーチャが助けられ、視点の違いが大きくなります。

iDrop NewsとBenjamin Geskinで数日前に非常によく似たデザインを見せたが、2つのレンダリングのバッチが同じ元のソース情報に基づいているのか、あるセットの作成者が別のセットから作業しているのかは不明です。

source https://www.macrumors.com/
source Twitter(@KKsneakleaks
関連記事
                    
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントの投稿

非公開コメント

  Sponsored Link




モバイルガジェットJPへようこそ!
201705090016582ba.jpg スマートフォンやタブレット、ウェアラブル端末やポータブルゲーム機などモバイルガジェットに関するニュースや情報をお届けします。
Sponsored Link
更新情報のお知らせ
button_tw.png button_fb.png button_rss
検索フォーム
Sponsored Link
Sponsored Link
最新記事
iPhone8、金型画像が流出 May 26, 2017
ドコモ、スマートフォン「V20 PRO L-01J」にホーム画面に設定した壁紙が正常に表示されない不具合改善のアッデートを5月25日から提供。 May 25, 2017
iPhone8、3Dタッチモジュールの部品コストが150%上昇 May 25, 2017
ドコモ、4.7インチSuperAMOLED搭載スマートフォン「Galaxy Feel SC-04J」を発表。 May 24, 2017
ドコモ、5.3インチIGOZO液晶搭載スマートフォン「AQUOS R SH-03J」を発表。 May 24, 2017
ドコモ、5.5インチ4K HDR画面搭載スマートフォン「Xperia XZ Premium SO-04J」を発表。 May 24, 2017
ドコモ、5.2インチ画面搭載スマートフォン「Xperia XZs SO-03J」を発表。 May 24, 2017
Sponsored Link
月別アーカイブ
カテゴリ
Blog Ranking
にほんブログ村 ニュースブログ ITニュースへ にほんブログ村 スマホ・携帯ブログ スマホ・携帯情報へ
QRコード
QR