CIRCLE Ent.、ストラテジーゲーム「世界の覇者X」をNintendo Switch向けに発売! - MobileGadget



トップページ 特集・記事 任天堂 アップル ソニー 富士通 京セラ シャープ サムスン
NEWS・速報 Switchソフト HUAWEI ASUS LG HTC モトローラ Goggle

x-setup2.jpg x-sall2.jpg xx-N-Switch.jpg xx-G-Twitter.jpg
MobileGadgetのトップページ  » Switchゲームソフト  » CIRCLE Ent.、ストラテジーゲーム「世界の覇者X」をNintendo Switch向けに発売!

CIRCLE Ent.、ストラテジーゲーム「世界の覇者X」をNintendo Switch向けに発売!

000_Nintendo Switch_log2

「Nintendo Switch」向けゲームソフト「世界の覇者X」が登場。EasyTechによるWWIIを舞台にしたストラテジーゲームタイトルとして、1,000円(税込)で2018年8月9日から発売。



                    


任天堂は、CIRCLE Ent.のゲームソフト「世界の覇者X」を2018年8月9日から発売開始することを同社の公式Webサイトにて公表致しました。



『世界の覇者X』は、「シナリオモード」と「征服モード」の2つのモードが用意されたEasyTechによるWWIIを舞台にしたストラテジーゲームのNintendo Switc版です。詳細な概要は以下記事にまとめた通りです。







【ゲームタイトル】



・世界の覇者X




【ソフトウェア概要】



今作はシリーズの中でも種類豊富なミッションと、歴史に基づいた戦いが持ち味になっています。

ターン制のバトルで部隊の特色を活かした配置を考えたり、周囲の環境と街の戦況を把握して空軍を利用した防衛策を練ったりして、自軍を勝利へと導きましょう。本拠地と街の強化、敵の陣地を占領、ランドマークの構築、優秀な将官を仲間にすることでゲームは進行していきます。戦地では陸、空、海と三つの防衛線をはらないといけないため、軍師として緻密な計算が必要です。

本作では二つのモードを用意しています。シナリオモードでは同盟国、及び枢軸国の視点から、歴史に沿った40以上のミッションが楽しめます。征服モードでは20ヵ国以上から拠点を選び、戦術を駆使して世界を手元に収めましょう。

 ※上記、メーカーリリースからの引用を含んでいます





【メーカー名】



・CIRCLE Ent.



【必要な容量】



・本体保存メモリーまたはmicroSDカードに十分な空き容量が必要です。また更新データなどで追加容量が必要になることもありますので、購入前に空き容量をご確認ください。容量が不足する場合は、microSDカードを別途用意しましょう。

※Nintendo Switchダウンロードソフト



【ジャンル&人数】



▶ジャンル
・ストラテジー

▶プレイ人数
・1人

▶レーティング
・CERO B(12歳以上対象)



【コントローラ&モード】



▶対応コントローラ
・Nintendo Switch Proコントローラー

▶プレイモード
・TVモード、テーブルモード、携帯モード



【発売日&販売価格】



・発売日:2018年8月9日

・1,000円(税込)



【注意事項】



▶インストールについて
・ゲーム機本体にダウンロードしたソフトウェアをインストールする際に、メーカーが公表している容量よりも多くの空き容量が必要になる場合があるので注意しましょう。

・容量が足りない場合は、不要になったソフトを一旦削除などして整理するか、十分な空き容量のあるmicroSDカードを使いましょう。

▶CEROレーティングについて
・コンピュータエンターテインメントレーティング機構(CERO)の審査を受け、当該ソフトウェアに含まれる表現内容にふさわしい対象年齢が記された「CEROレーティングマーク」が商品に記載(表示)されています。

・ゲームのカテゴリに含まれ無いものや機能の提供などを目的としたソフトウェアに関してはレーティングの対象外となるため審査を受けていません。また、CEROの対象年齢は、通信プレイなどを通して得られる追加の表現に関しては適用されません。

▶CEROレーティングマーク
000_NS_CREO_ime001
 ※年齢区分は該当ソフトウェアのゲーム難易度を示すものではありません。

▶コンテンツディスクリプターアイコン
000_NS_CREO_ime002
 ※対象年齢を決定した根拠となる表現を示しており、上記カテゴリーに分かれています。




※詳細および注意事項等はメーカーの公式サイトにてご確認下さい。

関連記事
                    

  Sponsored Link




Sponsored Link
MobileGadget 公式サイトへようこそ!
201705090016582ba.jpg スマートフォンやタブレット、ウェアラブル端末やポータブルゲーム機などモバイルガジェットに関するニュースや情報をお届けします。
サイト内検索
カテゴリ
Sponsored Link
注目記事
ドコモ、5.6インチ有機EL搭載、docomo with対応「Galaxy Feel2 SC-02L」を正式発表、そのスペックや特徴は!? Oct 17, 2018
ドコモ、6.4インチOLED搭載フラグシップモデル「Galaxy Note9 SC-01L」を正式発表、そのスペックや特徴は!? Oct 17, 2018
ドコモ、高精細OLEDパネル搭載「Xperia XZ3 SO-01L」を発表、スペックや特徴が明らかに! Oct 17, 2018
ファーウェイ、巨大ディスプレイ7.2インチOLED搭載「Huawei Mate 20 X」を正式発表、そのスペックや特徴は!? Oct 17, 2018
ファーウェイ、広角/超広角/望遠のトリプルカメラ搭載「Huawei Mate 20 Pro」を正式発表、ワイヤレス充電や画面埋込型指紋センサーも搭載 Oct 17, 2018
Razer、ゲーミングスマートフォン「Razer Phone 2」を正式発表、そのスペックや特徴は!? Oct 15, 2018
ソニー、ハイレゾウォークマン「NW-A50シリーズ」のスペックや特徴をレビュー Oct 14, 2018
ファーウェイ、Kirin970搭載「HUAWEI nova 3」のスペックや特徴をレビュー Oct 14, 2018
Google、6.3インチ(ノッチ付)有機ELディスプレイ搭載「Pixel 3 XL」を正式発表、そのスペックや特徴は!? Oct 10, 2018
「OnePlus 6T」のレタリング画像と一部の仕様をリーク! Oct 01, 2018
OPPO、DSDV対応「R15 Pro」のスペックや特徴をレビュー Sep 17, 2018
アップル「iPhone XR」が正式発表、スペックや特徴が明らかに! Sep 13, 2018
人気の新製品
SONYのハイレゾ対応ウォークマンの新型「NW-A50」シリーズが10月6日から発売開始。新たに「Bluetoothレシーバー機能」とアナログレコード特有の音色を再現する新開発の「バイナルプロセッサー」DSP技術も採用しています。価格は2万円台前半からで手頃な価格設定となっています。

【Sponsored Link】

ピックアップ記事
最新記事を配信
最新記事
全画面ディスプレイ採用、ステルス3Dカメラ搭載「Oppo Find X」を国内向けに正式発表、そのスペックや特徴は!? Oct 19, 2018
アップル「iPhone XR」の事前予約受付を10月19日16時1分より開始 Oct 19, 2018
ドコモ「Google Pixel 3 / Pixel 3 XL」の事前予約受付を10月19日より開始 Oct 19, 2018
ASUS、ウルトラスリムノートPC「ZenBook S UX391UA-825R / 825RS」が登場、スペックや特徴をレビュー Oct 19, 2018
カプコン「ストリートファイター30th アニバーサリーコレクション インターナショナル」のNintendo Switch版を発売! Oct 18, 2018
アイディアファクトリー、ADV「Cendrillon palikA」のNintendo Switch版を発売! Oct 18, 2018
UQ mobile「DIGNO A」の不具合などを改善するアップデートの最新情報(随時更新) Oct 18, 2018
AU「Qua tab QZ10 KYT33」の不具合などを改善するアップデートの最新情報(随時更新) Oct 18, 2018
AU「Qua tab QZ8 KYT32」の不具合などを改善するアップデートの最新情報(随時更新) Oct 18, 2018
AU「Qua phone QZ KYV44」の不具合などを改善するアップデートの最新情報(随時更新) Oct 18, 2018
月別アーカイブ
サイト内検索
サイト内リンク(カテゴリ別)
随時更新【速報・特集】一覧記事
Blog Ranking
QRコード
QR